世界のインフラを担う情報技術開発の中心的な役割を担い、高い収入を得ることができることからシステムエンジニアが人気を集める職業となって久しくなりました。その競争の激しさから激務を行うための体力も要求されるという側面が強く、若い頃にしかできない仕事という理解もなされてきました。しかし、近年の労働条件や労働環境の改善へ向けた社会的取り組みの影響を受けて、その激務の状況は改善されつつあります。

しかし、システムエンジニアが高収入であった背景として、過酷な労働が必要となる分、残業や休日出勤への手当が豊富に出されていたという点があります。残業や休日出勤を行うことで収入を増やすことができ、会社にも成果という形で貢献できるというシステムが出来上がっていたのです。そのため、仕事を楽しみながら体力もあって激務をこなせるという人にとっては、こういった社会的な流れはデメリットにもなってきている面があります。残業をあまり積極的に行うことができなくなって、稼ぎたくても稼げない状況が作られてしまったからです。

一方で、フリーエンジニア市場は拡大する傾向にあり、こういった働けるだけ働いて高収入を目指したいという人達にとって魅力的なものです。フリーランスをしてシステムエンジニアとしての職能を担っていくことも可能であることから、その仕事の魅力にひかれていて、かつ働けるだけ働いて稼ぎたいという人にとっての道も残されているといえます。

どのような形態で仕事を進めていくことが自分自身に一番マッチするのかを考え手みるとよいでしょう。最適な職場環境を整えることが、業務の効率化にも繋がり年収アップにも直結するのですから・・・。

Leave a Comment.