システムエンジニアの仕事が激務であるということは、以前からよく知られていることです。連日の残業や休日出勤も珍しいことではなく、あらゆる業種で労働環境が改善される傾向が強い今日においても、そういった状況から脱却できずにいるIT系企業は少なくありません。
もっとも、週休二日を実現するようになった企業は多いですが、それでもなお過酷な労働条件があるのは事実です。

しかし、これは考え方によっては理想的な労働環境ができているとも言えます。
年収を上げたいといった考えでIT業界に参入した人には、激務が過酷に感じられるかもしれません。しかし、システムエンジニアとしての仕事が好きで趣味のようにして行える人にとっては、働きたいだけ働ける状況ができているとも言えるのです。

仕事がそれだけ豊富であり、寝る間も惜しんでやりたい仕事をしているとそれが企業としてのニーズに応える結果になり、残業手当も出て収入につながるという良好な循環が生まれるからです。
それほど容易ではない仕事であるのは事実ですが、それゆえに時間を費やしたり、体力や気力を使ったりするのも趣味であれば、苦痛になることはありません。

仕事と趣味とが直結していれば、世界の最先端で一刻を争う開発競争の荒波に揉まれながら、激務をこなしていくのも楽しみの1つと考えることができるようになるのです。しかし、世の中の潮流もあるので、システムエンジニアの過酷な労働環境も改善されていくようになるでしょう。

Leave a Comment.