システムエンジニアとは、お客様の業務をシステム化する職業のことを言います。業務を機能に落とし込み、プログラムで実現できるように仕様書を作成していきます。システムエンジニアは、世間では激務と言われており、実際に拘束時間が長いことも特徴です。しかし、いつも長時間労働をしているわけではありません。

システム開発では、ウォーターフォールモデルという開発手法が採用されることが多いです。
ウォーターフォールモデルとは、システム開発を要件定義、基本設計、詳細設計、コーディング、テストの順で進めていくことを指しています。システムエンジニアが忙しくなるのは、要件定義や設計の段階です。お客様とシステムの仕様を検討して機能を明確化したり、プログラムにするための設計を検討するのに時間が掛かります。

多くの人と協同して作業を進めるので、意識合わせも必要になります。システム開発では、最初の工程で明確な仕様を検討していないと後の工程で不明確な点が出てきて手戻りが発生し、スケジュールに遅れが発生したり、システムトラブルを起こします。
トラブルを軽減させるためにも、初期の工程はしっかりと検討する必要性があるため、長時間労働になりがちです。
しかし、その期間が終えて、コーディングの期間になると協力会社のプログラマに委託するので、少し時間に余裕が生まれます。この間には、システムテストの準備や開発で出てきた課題解決に取り組みます。

Leave a Comment.